1. トップ
  2. おすすめ予備校徹底比較!

おすすめ予備校徹底比較!

予備校選びのポイント

大学の受験勉強で予備校に通った300人に、後輩たちに伝えたい予備校選びのポイントについてアンケートを行った結果、以下のような結果となりました。

1位:授業の質
求める結果はただ一つ。志望校合格を目指す受験生にとっては当然の結果ですね。
2位:自分の学力にあった学習レベル
背伸びをせず、自分に合った学習環境で確実にステップアップすることが大切なんですね。
3位:時間の自由度
継続は力なり。自分の生活スタイルに合った受験勉強が継続への近道なんですね。

その他、サポート体制、通いやすさ、授業料などが挙げられました。

先輩たちが選ぶアンケート結果を基に、大手予備校9校をランキング。
気になるランキングはこちらから

オススメ予備校ランキング

授業料の比較

1年間にかかるおおよその授業料を比較すると、集団授業の一般的な予備校よりも、個別指導やチューターをつけて進路指導を行うところの方が高い傾向にある。サポートに対して人件費がかかることが主な理由だが、自分の目標設定やそれに向けてどのように勉強したら良いか相談できる環境は非常に心強い。

予備校の中でも、早稲田塾は進路指導や単なる試験対策以外のイベントやカリキュラムなどが多数用意されていることもあり、他と比べ頭一つ抜けて高い。また、チューターが付き生徒の管理度(スケジュールから勉強法まで、学習の強制・管理度合い)が高い城南も割高となっている。 同じく授業料が高めでも、個別指導タイプの方がサポート度合いが非常に高い。1:1から1:3くらいで質疑応答もしっかりできるので、内容を考えれば授業料相応といったところだ、四谷学院の場合、集団授業と個別指導の併用なのでバランスが非常にとれており、基礎~難関校レベルまで対応できるのは魅力的。TOMAS、明光義塾は総合学習塾として有名だが、大学受験対策という点において若干弱い点は否めない。

目標が明確で自己管理がしっかりでき、モチベーションを保ち続ける自信があるなら一般的な予備校を、これから目標を見定めて行く人や、環境を作りをしてやる気を上げていきたい人は個別指導やサポートの厚い予備校を選んでいくべきだろう。一番の失敗は、自分に合わないやり方でなんとなく勉強を続けてしまうこと。授業料の額は大事だが、自分にとって身にならなければ、それが一番の損であることを考えておこう。

授業料の比較

  授業1時間あたりの授業料 年間の授業回数 備考
河合塾 ¥3,111 24 90分講座
駿台 ¥2,533 24 Sレベル講座
四谷学院 ¥2,175 29 週8回受講の場合
東進 ¥2,450 20 通期講座
早稲田塾 ¥8,758 26 英文法・語法(2単位)申込の場合
城南予備校 ¥3,327 28 週1回受講の場合
TOMAS ¥6,583 週2回受講の場合
Z会 ¥39,744(年間) 添削指導+テキストの場合

予備校のイメージは見えてきたかな?ほかにもデータを比較してみよう

入試のこと、アレコレ相談できる予備校一覧

エリアの比較

近畿、中部への展開がまちまちになるものの、東京を中心とした首都圏にはもれなく校舎がある。
札幌、仙台、広島、福岡など地方の大都市圏に住む人は、河合塾、駿台、四谷学院などの大手に通えるメリットがあるが、それ以外の地域であれば、DVD授業の東進衛星予備校、個別指導なら全国展開の明光義塾あたりが利用可能である。地場の予備校・塾は数多くあるが、受験対策の情報・ノウハウの観点からすると、大手を中心に検討したいところである。
そもそも通学にかかる時間や手間を考えると、受験生としてはあまり無駄をかけたくないところ。自分の生活リズムに無理のない範囲で校舎を選ぶことが大切だ。

  首都圏 近畿 中部
河合塾 札幌、仙台、広島、福岡など
駿台 札幌、仙台、福岡など
東進(衛星含む) ほぼ日本全国
早稲田塾 × × 東京・神奈川のみ
城南予備校 × × 神奈川・東京が中心
四谷学院 札幌、仙台、広島、福岡など
TOMAS × × 東京中心の首都圏のみ
明光義塾 ほぼ日本全国

予備校のイメージは見えてきたかな?ほかにもデータを比較してみよう

入試のこと、アレコレ相談できる予備校一覧